カーラッピング業者を選ぶときのポイント

車両ラッピング

カーラッピングは極論、自社スタッフだけでもできなくはありません。フィルムメーカーの3Mなどのフィルムを購入することもできます。しかし、印刷や施工については、仕上がりの美しさや耐久性に違いが出て当然。最終的なコストや効果を考えた場合は、やはり技術力の高い専門業者に依頼するのがおすすめです。そこで今回は、カーラッピング業者を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

カーラッピング業者を選ぶときのポイント

カーラッピング業者を選ぶときのポイント

高い技術力を持っている専門業者がおすすめ

高い施工技術を持っているのは大前提です。多くの人の目に触れる広告となるラッピングカーですから、その見た目がみずほらしくては宣伝効果も半減してしまうでしょう。過去の実績などを参考に、技術力の高い業者を選んでください。

フィルムひとつで明らかな差が出る

施工技術に加えて、どのようなフィルムを用いているかも大切なチェックポイントのひとつです。例えば、車両ラッピングにふさわしくないフィルムとラッピングカー専用のフィルムとでは、施工性や耐候性などの面で違いが現れます。

さらに、カーラッピング最大の特徴である「きれいに剥がせる」という点においても明らかな差が生まれます。原価は5倍ほど変わるものの、カーラッピングのメリットを享受するためには専用フィルムを使う業者を選んでおきましょう。

例えば、日本で唯一フイルムの検査機関を持っているフイルムメーカーのスリーエム・ジャパンがあります。
スリーエム・ジャパンには「3M™ MCS™ 保証プログラム」というものがあり、認定店のみに適用される保証プログラムなので、安心してご利用いただくためにその業者が認定店かどうかというのもポイントの一つになるかと思います。

広告に関するノウハウがあると頼りになる

ラッピングカーには広告宣伝という目的があります。そのため、単に施工ができればよいわけではありません。マーケティングの視点を持ち、どのようにすれば広告効果を最大化できるのかについてしっかりと相談できる業者を選ぶようにしましょう。そのためには、営業車や配送車のラッピングだけでなく、バスやトラック、イベント車両といった実績を見せてもらえると、その業者の実力が推し量れます。

屋外広告業登録はひとつの判断基準

広告の設置には、屋外広告業の登録が必要です。基本的には制作依頼元が登録をすべきですが、施工業者の中には自社登録を済ませているところも少なくありません。それだけ多くの広告に携わってきた証拠とも言えますので、業者選びの判断基準のひとつにしてもよいでしょう。

メリット・デメリットまできちんと説明してくれる

一口にカーラッピングと言っても、デザインや用途で選ぶべきフィルムの種類は変わります。また、施工技術についてもそれぞれのケースに適した方法を採用しなくてはなりません。頼れるカーラッピングの専門業者は、こうした知識があるのはもちろん、なぜそのフィルムや施工方法を選んだのかについてしっかりと説明ができます。また、メリットだけでなくデメリットについても丁寧に教えてくれるようなところを選んでおくとより安心と言えるでしょう。

まとめ

カーラッピングのメリットを最大化し、トータルコストを抑え、満足できる効果を得るためには、今回ご紹介したようなポイントを基に業者選びを行ってみてください。優良業者との出会いとは、信頼できるパートナーとの出会いと同じことです。末永いラッピングカー運用のためにも、慎重に選択されることをおすすめします。