ご挨拶

company

ラッピングカー、ラッピングバスは、コニュニケーションツールです

gree_ttl01

先代のビジネスに限界を感じ業態変化を実施した第二創業当時の30年前、今のように優れた印刷機械が無く、マーキングフィルムを文字のかたちにカッターで切っては、車両、看板に貼っていました。きれいな文字&マークをあらゆるものに貼り企業のコーポレートアイデンティCI展開の構築に従事する毎日でした。
最初のころは多色のロゴ、アクセントライン等を塗装の代用品をして文字書職人と技を競う程度のあまり知的とはいえない地味な仕事でした。 そんな折、フィルムメーカーで世界を代表する3M社が企業のコミニュケーションツールとして商品価値を創造し、企業に元気よくカッコよく販売していることを知り、大きな衝撃、希望を感じたものでした。印刷技術も劇的に進歩して、大きな転換期が到来する時代もそう遠くないと確信したのもこのころです。
今日のようにラッピング広告が普及した大きな理由として、グラフィックスフィルムの印刷技術革新があげられます。

gree_pic01

日本でグラフィックフィルム(3Mスコッチプリントグラフィックス)が初めて注目されたのは、山家工業所(当社ワイエムジーワンの旧社名)が販売施工した平成7年の10年前のNHKユメディア号車両マーキングプログラムです。
フルグラフィックの大型トラック、バスの施工実績は日本で初めての事で、その施工風景をNHKの全国放送で放映のための取材でフィルムを施工する手が震えていた自分を今でも覚えています。
その感動は生涯忘れなれないもので、この同じ感動を少しでも全社員に体験してもらうべき、企業経営、そして日々の営業活動に全力を傾けています。

gree_pic02

 

日本で始めてバスラッピング広告をビジネスモデルにした2000年の東京都交通局の時もそうでした。

屋外広告物条例の改定促進に奔走して、1年間東京都の公聴会に出席しつづけ、情報収集にあたり、ビジネスモデル構築に都交通局、関係広告代理店に協力を仰ぎ、サンプル施工を企画して、ご賛同を得てニュービジネス構築に希望を膨らませて奔走していました。

忘れもしない2000年春、桜の開花も記憶に残らないほど忙しく動きまわった時期、予定より1週間遅れの4/7からの4日徹夜の100台のフィルム施工。朝、家に帰り風呂に入るとまたすぐ施工現場に直行の毎日。
その施工完了した4/11の都バス目黒車庫の朝5:00の感無量の達成感を思い出すと、自分自身がなんて『幸せ者だと』またまた感動したものです。 おかげ様で全社員の努力ので、あれから約1500台ものバスをラッピング製作施工する会社に成長しました。
そして10年を経て、今では当社ワイエムジーワンは、3Mコマーシャルグラフィック事業部とともにさらなるフィルムグラフィックの可能性と発展に社員一同、成長努力しています。
当社ワイエムジーワンは、社員一丸となり新たな挑戦と可能性を求めて、ただ今、感動の宝探しを刊行中です。

gree_ttl02

gree_pic03

新しい印刷技術の出現とともに、企業のコミニュケーションのあり方もたえず変化しています。

ワイエムジーワンは、マーキングフィルムを使用したラッピング技術で企業のコミニュケーション能力の向上に貢献してきました。
多くのクライアントから注目を集めるラッピング技術は、自動車車両を初め、バス、トラック、鉄道、ジェット機、船舶とあらゆる動体構造物に波及し、欧米では建築ビルの建物ごとビルラッピングするところまで技術進歩しています。

私たちワイエムジーワンは、専門のフイルムグラフィックスノウハウを限りなく活用し、それぞれのクライアントに最適なコミニュケーションを提案してまいります。

gree_ttl03

gree_pic04

 

その関係を構築・発展させるために「一層の成長そして新しい感動の創造」が不可欠であり、私を含める全社員の一層の成長意欲が私たちワイエムジーワンの財産です。 各員の満足度が向上し当社の商品品質が向上することにより、顧客満足度が向上し会社としての財務諸表が向上する事になり、個人、顧客、会社のWIN WIN の関係が構築できます。 『あの鳥肌が立つような感動を当社の取り巻く全社員、関係者に供給するのが私の願いです。』 ワイエムジーワンは、最高の人材を求めなおかつ共に成長できるよな企業を目指しています。