ラッピングカーシステム 車のラッピングについて

ラッピングカーシステムとは

ttl01

フリートマーキングシステムをまだ採用しているんですか? 新しい広告・宣伝媒体として、さなざまなクライアントから期待を集める車両ラッピング(ラッピングバス・ラッピングカー、車両マーキング)。
最近では、タクシーのボディーにラッピングをするケースも増えています。車のラッピングには、様々な形態がございます。使用する目的に応じて車にラッピングする画像なども変わってくると思います。現在では、車のラッピングはオーダーツーオーダーの商品になっています。

しかし、その「business効果」を最大限に発揮させるには、それぞれのターゲットに応じた最適なルート・時間・台数などを設定できるプランニング能力、移動体・立体としての効果を熟知したデザイン能力、スムーズな進行を実現するためのスタッフや運行の管理ノウハウなど、まさに専門特化したプロデュース能力が必要とされます。

私たちワイエムジーワンは、ラッピングカーに要求される、すべてをサポートできるベストパートナーとしてクライアントの期待を越える強力な広告効果を実現します。


ラッピングカーシステム

数十年前は、フリートマーキングシステム(艦隊システムという)という考えがありました。
これは、全く同じものを印刷版を作り大量に印刷して保管するというシステムです。

現在でも、車にラッピングすることを「車両マーキング」と読んでいる方もいらっしゃいます。
ラッピングカーのほうが、今ではわかりやすと思います。

今日では商品も多彩にあり地域ごとに商品デザインを変えアピールしたいという要望が増えてまいりました。
印刷物も同じですが、オンデマンドでの需要が増えてきたように車両にも同じような風潮が来ています。これからは、『ラッピングカーシステム』の時代だといわれています。

しかしながら、フリートマーキングシステムが今の車両ラッピングの礎を築いたことは事実であり、今でもフリートマーキングシステムが使われています。

ただし、フリートマーキングは、写真やグラデーションを入れることはできません。シルク印刷で大量に印刷するシステムになります。これによりコストダウンのご提案をしていたこともございます。

ラッピングカーシステム


bnr01

ラッピングカーシステム

sub01

ラッピングバス・ラッピングカーに大切なポイントを的確にアドバイスしながら、どういったターゲットに、どのようなメッセージを訴求したいかなど、クライアントから必要な情報をしっかりとリサーチします。車のラッピングの特徴を活かしたものを提案いたします。

sub02

立体・移動体として特化した車両ラッピング(ラッピングバス・ラッピングカー)のデザイン。 より洗練されたデザイン制作をオンタイムで実現します。紙の印刷物とは違う車のラッピングに適したデザイン構築をしていきます。

sub03

ターゲットが集中する場所、時間帯、それに最適な運行ルートなどをシュミレーション。さらにご予算内でより効果的に効果を上げるための車種・台数・スタッフなどの設定まできめ細やかにプランニングします。これにより、ラッピングバス・ラッピングカーを効果的にアピールすることができます。

sub04

バス運行やスタッフの状況・スケジュールをしっかりと管理。さらにスタッフの目的地への移動や宿泊手配などのきめ細やかなサポートも行えます。ラッピングバスは、管理が大切です。

sub05

車のラッピングの実施後の調査・報告書作成の際には、今後のより効果的な新プランまでを戦略的にご提案します。

 

 

 

ラッピングカーシステムの利用

20161028-1816

 ラッピングカーを効果的に広告にご利用ください。
車両ラッピング、車両マーキングに欠かせない情報がございます。
bnr01
inquiry

フリートマーキングシステムが少なくなった理由

以前は、現在のようにデジタル技術がまだ発展していなかったために同じものを大量に印刷するとコストが下がるためフリートマーキングシステムを採用していました。

紙の印刷と同じ印刷技術なので、同じものを大量に印刷すると価格は下がります。ただ、シルク印刷ですと写真などを入れて印刷することができずイラストのみのなります。

当時は、車両用フイルムは高価でなおかつ専用のプリンターも高額でした。お客様に提示するラッピングフイルムの1平米あたりの金額が4万円ほどで大型のプリンターは1億円ほどしていました。車のラッピングも今では当たりまえになりましたのでフイルム価格は以前にくらべると安価になっています。プリンターも大型のインクジェットプリンターが開発され2千万円もあれば良いプリンターが購入できるようになりました。安いものであれば300万円ぐらいのプリンターもあり、ラッピングビジネスに参入している会社も増えました。

現在の紙媒体の印刷物同様、車のラッピングも同じものを大量に印刷する時代から小ロットでいくつかのオリジナリティー豊かなものが好まれるようになってきています。営業車両であれば、地域密着型のビジネスになりますので、その地域にあったデザインが求められるようになりフリートマーキングシステム自体が少なくなっています。これに伴いシルク印刷機を持っている業者も少なくなりました。

当初からフリートマーキングシステムを提案された企業は、現在でも全く同じイラストのみで車両を全国で走られせいます。企業イメージがそれで統一されているという面では良いと思います。フリートマーキングシステムと言う画期的なシステムでしたが徐々に少なくなりつつあります。