ラッピングカーの品質を示す「3M MCS 保証プログラム」

車両ラッピング

一口にカーラッピングと言っても、使われている種類や加工技術は多岐にわたります。実際に、業者によってはフィルムの値段が数倍異なることも少なくありません。どちらを選ぶべきかはお客さまのご要望によって異なりますが、こと品質に関して言えば、カーラッピング専門店がやはりおすすめです。しかし、専門店の中にも技術力に差があることは否めません。そこでチェックしていただきたいのが、3M MCS認定です。

ラッピングカーの品質を示す「3M MCS 保証プログラム」

ラッピングカーの品質を示す「3M MCS 保証プログラム」

 

3M MCS 保証プログラムとは

カーラッピングで使用されるフィルムを開発・製造する3M社。3M MCS保証プログラムとは、同社が定めた基準をクリアした場合にのみ提供される保証プログラムのことです。期間は最長で6年間。カーラッピングの品質を約束するものとしては、非常に信頼のできる制度と言えるでしょう。

保証を受けるための条件

3M MCS保証プログラムに認定されるためには、3M社が製造したメディアとラミネートフィルムが使われている必要があります。加えて、プリンターとインクについても同社指定のものを利用しなくてはなりません。なお、どのベースフィルムとオーバーラミネートを組み合わせるかなどによっても耐久性は変わります。

そして何よりも重要なのが加工技術です。3M MCS保証プログラムは、3M社が定める品質管理体制が整っており、かつ審査や講習の受講をクリアして、はじめて認定を受けられる仕組みとなっています。

3M MCS 保証プログラムで保証される範囲

3MにはMCS以外にも、3Mパフォーマンスギャランティーと3M 基本保証の3種類の保証が用意されています。その中でも、MCSはもっとも保証の範囲が広いプログラムです。

l  製品原反の物性に関する品質

l  製品原反の製造上に起因する品質

l  印刷適正 (製品原反への基本的な印刷性能)※1

l  印刷品の初期的な収縮

l  印刷品の初期的な接着性能 ※2

l  製品原反の耐候性

l  フィルム・グラフィックスの耐候性

l  インク性能

l  貼り付け下地に対する長期的な接着性 ※2

l  剥離性 ※3

l  保証書の発行

※1著しいにじみ、バンディング等フィルムの製造上の異常に起因する現象

※2接着性を把握している貼り付け下地に限る

※3限られた下地材もしくは事前に試験したものに限ります。(剥離可能な期間は耐候年数よりも短くなる場合があります。)

出典:3M™ MCS™ 保証プログラム及び3Mパフォーマンスギャランティ

YMG1は3M MCS 保証プログラム認定会社です

YMG1は、お客さまに長期にわたって高い品質のカーラッピングをご提供できるよう、3M社の山形工場と同じフィルム印刷設備を設置しています。

  • UV Ink-jet Printer MIMAKI UJV-500-160
  • Ink-jet Printer SⅡ H74S

3M MCS 保証プログラムのご提供はもちろん、フィルム印刷から加工・施工までを自社一貫で行うことにより、より高い品質をお約束。お客さまのご要望に合わせて柔軟に対応することも可能ですので、コスト感や納期など、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

まとめ

実際のところ、ラッピングカーの耐久性は一般的に3~5年と言われています。ただし、どのインクを使い、どのプリンターで出力するのか? ベースフィルムとオーバーラミネートはどのように組み合わせるのか? など、条件による違いは少なくありません。しかしひとつ言えるのは、いずれの場合も最大のパフォーマンスを発揮するためには加工店の技術力が物を言うということ。3M MCS 保証プログラムの認定書があるかどうかは、それを見分けるひとつの判断基準となるでしょう。