ラッピングバス・ラッピングカーのターゲットとは?他の広告手法と比較

車両ラッピング

ラッピングカー・ラッピングバスの訴求

世の中には、実にさまざまな広告出稿媒体が存在します。しかし、媒体によって得意な層は異なります。今回は、ラッピングバス・ラッピングカーが訴求しやすいターゲットや、その他の媒体の得意分野について解説します。

ラッピングバス・ラッピングカーのターゲットとは?他の広告手法と比較

ラッピングバス・ラッピングカーのターゲットは?

ラッピングバス・ラッピングカーのターゲットはある程度決まっています。定期的に同じところを運行している場合は、サラリーマンや学生がメインと言えるでしょう。ただし、出稿地域や運行ルートについて精査すれば、さらにターゲットを絞った訴求も可能です。広く全国展開を行うこともできますし、地域限定にすることもできます。

テレビ広告のターゲットは?

膨大な量の視聴者を抱えるテレビ媒体を使った広告は「マス広告」とも呼ばれており、ほぼすべてのセグメントをカバーできるのが特徴です。その効果は絶大ですが、その分コストも高額。また、広告代理店の利用が前提となるため、簡単には出稿できません。ちなみに、ターゲット層を選択したい場合は、番組時間帯を選んだり、番組内容を精査したりといった方法があります。

新聞広告のターゲットは?

マスコミュニケーションとも言われる新聞は、広告媒体としても非常に優秀です。テキスト量を多くできることから、読者にしっかりと“読んでもらえる”メッセージの発信ができる場所と言えるでしょう。ターゲットについては幅広いセグメントをカバーできるほか、エリア限定での訴求に優れるという特徴を持ちます。また、新聞ごとに読者層が異なるという点も、出稿前には確認しておくポイントと言えます。

雑誌広告のターゲットは?

雑誌広告におけるセグメントは、その雑誌についている読者の趣味趣向で切り分けることができます。また、雑誌ごとに読者層も分かれているため、年代などの指定も可能。この点は、テレビや新聞にはない特徴と言えるでしょう。また、タウン誌など、エリア限定で販売される雑誌については、地域セグメントを着ることもできます。加えて、刊行時期に合わせたタイムリーな広告展開が期待できる点も魅力です。ちなみに、紙媒体ではあるものの、テレビと新聞に比べれば広告費も比較的安価なので、手が出しやすいという利点もあります。

ネット広告のターゲットは?

ネット広告は、アドネットワークなどの技術を用いることで、非常に細かなターゲットの設定が可能です。なお、意外に知られていませんが、地域セグメントの設定も可能。もっとも自由度が高い媒体と言えるでしょう。ただし、閲覧するのは若者が中心となるため、商品やサービスを選ぶという難点もあります。とはいえ、今後はデジタル広告における最有力媒体になるのは間違いありません。

まとめ

このように、それぞれの媒体には得意なターゲットがあります。そのため、広告を打つ際には、ひとつに固執するのではなく。複合的な展開をすることで、漏れのないターゲットへの訴求ができるでしょう。なお、ラッピングカーやラッピングバスは、他広告との組み合わせに最適な媒体です。ぜひご活用いただき、効果最大化へとつなげてください。

inquiry