2021
09.08

「クルマの全塗装」について

車両ラッピング, Special

~ 目次 ~

1.「クルマの全塗装はいくらかかるの?」

2.「全塗装の問題点」

3.「カーラッピングならこのような問題点に対応できる」

4.「YMG1の施工技術」

________________________________________________________________________

1.「クルマの全塗装はいくらかかるの?」

クルマの全塗装の目的は大きく分けて3つあります。

1つ目は、企業が活用している営業車両・配送車両の識別性や認知性の向上のために、自社をデザインする目的で色を他社と差別化する手法としての目的で全塗装する。代表的な例として、消防車、救急車、パトカー、郵便配達車など遠くから見て識別できる視認性です。

2つ目は、企業の広告を表示する活用方法で、代表的な例としてはバスラッピング広告、イベント車両装飾 などです。

3つ目は、個人所有のクルマの色を購入後に変化させる目的で色を変える場合があります。

 

色を変える方法は2種類あります。

価格は塗料による全塗装は乗用車レベルで30万~300万円

    フィルムによるカーラッピングで60万~100万円

さらに 企業広告&装飾目的のカーラッピング、バスラッピングでは

フルグラフィックスでフィルムを印刷してカーラッピングが可能です。 

           大型バスサイズで90万~150万円

塗装とフィルムの2つの方法の再現法の違いは単一色であれば、塗装のフィルムラッピングも表現方法は同じですが、

塗装では複雑なデザインはできません

フィルムの場合はデザインをいくら複雑にしてもコンピューターグラフィックスでデータ作成して印刷しますので、

細かいデザインの実現が可能です。そして、複雑なでデザインにしたとしても価格の差は生じません。

 

2.「全塗装の問題点」

塗装ではデザインはできません。塗装でクルマの色を変えると大きな問題が生じます。

  1. 所有している車両、またはレンタル車両に塗装する事はありません。

  2. 下取り価格が圧倒的に下がります。

  3. 事故補修の場合の費用はフィルムラッピングより高額になります。

 

3.「カーラッピングならこのような問題点に対応できる」

  1. 特別なデザインをしてクルマにカーラッピングするだけで、広告になります。
  2. 剥がすだけで、元の戻ります。. 

 

4.「YMG1の施工技術」

YMG1は企業が保有または活用している、営業・配送車両やバスを活用したイベントに使用するカーラッピングをトータルでサポートしています。

・企画 

・デザイン提案 

・フィルム印刷 

・フィルム加工 

・施工 に至るまですべてワンストップでご提供しています。

施工はスカイツリー近郊に大型バスまで収納できる全天候型カーラッピングスタジオで実施しています。

YMG1はカーラッピングビジネスノウハウを教えるプロトレーナーチームです。

詳細は弊社までご連絡下さい。