Webにはない魅力で人気上昇中!現実のコミュニケーションならラッピングカー

車両ラッピング

Web戦略がマーケティングの主役になりつつある昨今、リアル空間における広告にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、Web広告が当たり前の今だからこそおすすめしたいラッピングカーの魅力をお伝えします。

現実のコミュニケーションならラッピングカー

Web広告が主流の現代

ネット全盛の現代において、Webは主流の広告媒体とも言えるでしょう。費用対効果も高く、実施や修正、効果検証などもスピーディーです。こうしたメリットが認知されたこともあり、市場の成長も著しいのが特徴です。その意味で、企業にとっては実施自体が当たり前であると言えます。

インターネット上のコミュニケーションは今や当たり前?

Webマーケティングでは、FacebookやInstagramなどのSNSを使った顧客コミュニケーションの手法が確立されつつあります。実際に、多くの企業がSNSアカウントを持ち、運用によって効果をあげています。こうして考えると、Web上でのプロモーションはすでに、企業×顧客のコミュニケーションなしには成り立たないと言っても過言ではありません。

今の時代だからこそ求められる生のコミュニケーション

しかし、Web広告&マーケティングの台頭はユーザーの“慣れ”を招いているという側面もあるでしょう。リスティング広告などはもちろん、企業SNSもすでに目新しいものではありません。そう考えた場合、今だから再注目したいのが生のコミュニケーションです。

たとえば、企業広告が施されたラッピングカーを見たときに「あのキャラクターかわいいね!」「あのお菓子知ってた?すごくおししいんだよ」といった会話が友人や家族間で生まれたとしましょう。これは今の時代だからこそ珍しく感じる“生のコミュニケーション”です。Web広告よりも大きなインパクトを残せる可能性があります。

ラッピングカーは費用対効果の高いコミュニケーション施策

前項でご紹介したラッピングカー施策は、条件次第で高いコストパフォーマンスを実現できます。たとえば、安価なネット広告の出稿を考えた場合、初期投資こそ少ないものの出稿期間が長ければその分コストがかかりますし、なにより管理も大変です。

一方、普段から使っている社用車にカーラッピングを施せばランニングコストもかからず、資産の活用にもなります。実際に、アメリカでは非常に多く採り入れられており、世界的なトレンドにもなっています。

まとめ

企業にとって顧客とのコミュニケーションが有効な施策であることに変わりはありません。しかし、さらなる差別化を目指すのであれば、ラッピングカー施策もおすすめです。Webマーケティングと合わせて行うことで、より高い相乗効果を得られるでしょう。