バスラッピングの費用対効果はどれくらい?

車両ラッピング, Special

街中を走り回るラッピングバスは、ターゲットを明確にしたうえでさまざまな人の目を惹きつけられる効果的な広告手法です。さらに、費用対効果が高いという点も注目が集まる理由のひとつと言われています。そこで今回は、バスラッピングの費用対効果と、それを最大限に発揮するためのポイントについてご紹介します。

バスラッピングの費用対効果はどれくらい?

他の広告媒体との比較

まずは他の広告媒体とバスラッピングの費用を比べて見ましょう。

マスメディアでありながら、新聞広告は15万円前後から出稿可能です。多くの人の目にも触れますし、費用対効果は抜群に感じるかもしれません。しかし、実はこの価格、1cm×1cmという小さな広告の場合です。このスペースだけで商品・サービスの魅力を伝えきるのは難しいかもしれません。かと言って、より大きな紙面を取れば、広告料金は跳ね上がります。

一方、ラッピングバスは都内で1カ月間の利用の場合、30~40万円が目安です。1日しか掲載できない小さな新聞広告に比べると、高い訴求効果とターゲットを絞った宣伝ができるでしょう。ちなみに、期間が長くなると割引きが受けられるケースも少なくありません。

ラッピング施工は別途料金

このように、コストパフォーマンスの高い広告媒体であるバスラッピングですが、前項の金額はあくまで広告媒体としてのバスの使用料金です。実際には、バスラッピングのデザイン制作費用やフィルム施工料、最終的なフィルム剥離費用がかかることを忘れてはいけません。

とはいえ、テレビやラジオ、新聞であっても広告制作費は必要です。とくにテレビCMの場合にはかなりの高額となるでしょう。それを踏まえても、バスラッピングはお得な広告手法であると言えます。

効果をさらに高めるにはプロの力が必要

低価格で実現できるバスラッピング広告ですが、単に施策を実行すれば効果があるというわけではありません。実際には、目にした人に興味を持ってもらい、問い合わせや商品購入につなげる必要があります。

こうしたマーケティング的役割は、制作者のノウハウにかかっていると言っても過言ではりません。そのため、バスラッピングについて知り尽くしており、戦略を含めて相談できる専門の施工業者を依頼するのがおすすめです。

まとめ

ラッピングバスの持つコストパフォーマンスを最大限に発揮するためには、今回ご紹介したとおり、専門的なノウハウを持つプロフェッショナルの力が必要不可欠です。効果的な広告を打つためにも、ぜひご検討ください。