カーラッピングを依頼する際の準備!スムーズなデザインのために用意しておきたいも

車両ラッピング

カーラッピングのデザインを業者に依頼する場合は、事前の用意が大切です。スムーズに制作を進行するためにも、事前に以下のポイントについて抑えておきましょう。

カーラッピングを依頼する際の準備!スムーズなデザインのために用意しておきたいも

車種ごとの設計図テンプレートファイル

車種によってボディーの形状は大きく異なります。それぞれの凹凸などを把握していない状態では、優れたデザインは作れません。そこで必要になるのが、カーラッピング対象となる車種のテンプレートです。

車両のテンプレートは専門のウェブサイトで購入が可能です。ただし、車に詳しくない方であればハードルが高いとも言えるでしょう。この場合は、施工業者に正確な社主名を伝え、アドバイスをもらうといった方法も検討してください。

なお、入手したテンプレートファイルと実際の車両にわずかな違いがある場合も考えられます。その際は、施工業者に分かる範囲で構いませんので伝えるようにしましょう。

使用する写真・画像データ

ラッピングカーのデザインに写真や画像を使いたいという場合には、そのデータを用意しておくとスムーズでしょう。ただし注意すべきは解像度です。一般的な印刷用のデータであれば問題ありませんが、Webサイトなどに掲載されているデータはWeb用の低解像度である可能性が高いです。

なお、画像の解像度はdpiという単位で示されています。具体的に、印刷に適した解像度は300~350dpi。一方、これを下回ると、印刷した際にぼやけてしまいますのでご注意ください。

デザイナーを個別に依頼する場合は印刷会社の情報

個人デザイナーなデザイン会社にラッピングカーのデザインを依頼する際は、事前に印刷会社の情報を伝えておきましょう。印刷会社にはそれぞれ、異なる入稿ファイルの条件や印刷過程があります。そのため、ファイルの種類は何を用意しなくてはならないなどをデザイナーに対して事前に伝えておくのが大切です。

ワイエムジーワンならワンストップで対応可能

前項ではデザイナーへの依頼を前提に解説を行いました。しかし、自社一貫でラッピングカー制作を受けてくれる施工業者に依頼をすると、よりスムーズに制作が進行します。

当社は、デザインから印刷、施工までをワンストップでご提供しております。テンプレートファイルの入手や車両の確認・調査もお任せください。また、画像データに関するアドバイスなども行います。制作を一括で行えばマージンコストも抑えられ、その分予算を品質向上に充てられるためおすすめです。

まとめ

カーラッピングにおけるデザインは非常に重要な要素のひとつです。依頼の際には、ぜひ今回ご紹介したポイントについてご留意ください、なお、最後にご紹介したとおり、自社一貫対応の業者に依頼をするのは多くのメリットがあります。当社の場合は、これに加えて広告戦略に関するコンサルティングも実施可能ですので、高い宣伝効果をご希望の方はぜひお気軽にご相談ください。

inquiry